活動主旨

2016年にbSIにおいて施工BIMを専門に扱う“Construction Room”を新設したのを機に、設立したのが施工小委員会です。施工におけるBIM活用は、日本のゼネコンが世界をリードしている状況ですが、当委員会ではこれらのノウハウを世界に広げ、更に先進的なIT技術(IoTやAI)とBIMを連携させることで建設業全体の生産性を飛躍的に向上させることを目指しています。

活動内容

施工現場の生産性向上を目的としたBIM活用事例を収集し共有します。また、IFCデータの活用領域をITやIoTへ拡張し、相互利用することを目指します。施工小委員会は、建設会社の他、IT関連企業や製造業など、BIMデータの活用を目的とする企業からの参加を歓迎します。