活動主旨

土木分野におけるIFCをベースとしたプロダクトモデルの構築、インプリメンテーションおよび利用に関する開発調査研究および普及展開を行う。

土木委員会の今後の展望

土木分野を中心とするインフラストラクチャのデータ連携は、国内外で急速な発展を見せています。日本では2017年3月に国土交通省が「CIM導入ガイドライン」を公開し、CIM試行業務と工事において、IFCによるデータの納品が始まりました。土木委員会では、インフラストラクチャ小委員会、土木IFC検定準備小委員会、土木インプリメンテーション小委員会の3つの小委員会が有機的に連携し、インフラストラクチャのライフサイクルを通じたデータ連携の実現を目的とした、IFCの開発、普及を行っています。プロジェクトを実行する発注者、設計者、施工者等のユーザーと、3Dモデリングツールや解析ソフト等のアプリケーションを提供するベンダーが、オープンな環境で密接に連携して活動を展開していきます。

これまでの主な成果

土木委員会では、土木分野に適用するIFCの研究と開発を行ってきました。

  • IFC-BridgeをbuilidingSMART France Chapterと共同開発
  • IFC-ShieldTunnel、IFC-Cut&CoverTunnel、IFC-MountainTunnelを開発し、 IFC-Tunnelに統合

今後の活動

土木委員会では、土木分野におけるデータ連携の確立に向けた活動を展開していきます。

  • データ連携のためのIDMの研究開発
  • 土木分野のIFCに対応したソフトウェアに対する検定に向けた準備
  • IFCによるデータ交換の検証実験
  • 国際動向の情報収集、国内外の関係団体との情報共有と協働

buildingSMART International  Infrastructure Roomとの連携

bSI Infrastucture Roomでは、土木分野に必要不可欠である線形をはじめとして、橋梁、道路、鉄道等のプロジェクトに対応したIFCを開発しています。土木委員会は、bSI Infrastucture Roomと連携し、プロジェクトへの参画、国際動向の情報展開、日本への展開など精力的な活動を行っています。

  • IFC Bridge Projectに関する国際的MOUの締結
  • IFC Alignment Projectへの参画
  • IFC Overall Architecture Projectへの参画
  • IFC Road and Railway Projectへの参画
  • IFC Tunnel Projectへの参画

土木モデルビュー定義について

平成29年度から国土交通省のCIM活用業務・工事において土木構造物のCIMモデル交換が行われます。
土木モデルビュー定義では、CIMモデル交換に利用するIFCによる形状モデルおよび外部ファイルの取扱いについて定めています。

土木モデルビュー定義と対応ソフトウエア一覧